読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誕生日でした

タイトルの通り、先日誕生日を迎えました。

 

たくさんの方にお祝いの言葉をいただいて、嬉しいと同時に、

素敵な言葉をくれる人たちに囲まれて、本当に恵まれてるなあと思いました。

ありがとうございました!!

 

 

 

さて、誕生日当日ですが、平日だったので有給休暇を取って、特に約束もなかったので一人ブラブラしておりました。

 

午前中から優雅にお風呂入って、

銀行行って所用をこなし(笑)、

これに行ってきました。

 f:id:realmind-h:20170408164915j:image

 

めちゃくちゃよかったです。

 f:id:realmind-h:20170408164942j:image

なんというか、自分のからだの一部を、皮膚を、臓器を、ありとあらゆる自分を、

痛みを伴いながら自分から引きはがし、作品にぶつける、そんな印象でした。(※比喩です。念のため。)

 

魂込めて何かを創るって、それに近いんじゃないかと思います。

 f:id:realmind-h:20170408164954j:image

肉体にとどめておけない魂を作品を通して解放する。

 

筆で油絵具をキャンバスに置いた跡とか、キャンバスの側面にまで描かれた絵とか、見ていて涙が出ました。

 

 f:id:realmind-h:20170408165005j:image

水玉越しの桜。

 

 

草間彌生 わが永遠の魂|企画展|展示会|国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

5月22日まで。(※火曜日休館です。)

 

 

そのあとはこれ。こちらは通常運行

 f:id:realmind-h:20170408165031j:image

2017年、51作品目。

これもよかったです。泣いた。

家族、親子関係でうーーーんとなっている人のヒントがあるかもです。

 

 

これは絶対見る作品。

f:id:realmind-h:20170408165038j:image 

 

これはかなり観たいけど、どうしようかな作品。

f:id:realmind-h:20170408165042j:image 

28歳もがんがん映画観まくります。

 

・ 

 

今回の誕生日、1ヶ月前くらいに平日だと認識して、至極ナチュラルに「あ、有給とろ。」と思いたち、すぐに実行に移したのでした。

 

これ一年前の誕生日はどうだったかな?と振り返ってみたんですが、一年前は「自分の誕生日に休むなんてありえないこと」でした。

なので今年は何の疑いもなく「あ、有給とろ」と思った自分には本当に驚きました。

 

純粋に私のためだけにとった行動。

 

特別な何かをしたわけではないけれど、一年前の誕生日と比べると違う場所にいるなあと振り返った日でした。

 

 

 

国立新美術館館内にある有名なすり鉢

 f:id:realmind-h:20170408165054j:image

 

そのすり鉢の上のカフェで特別に。

同時開催中のミュシャ展風だそうです。

 f:id:realmind-h:20170408165105j:image

 美味でした。