読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我的台湾旅行‐食事編‐

2月25日~27日にかけて、一人で台湾へ行って来ました。

 

人生初一人旅!

人生初海外!

 

自分の備忘録と情報共有を兼ねて、テーマ毎に分けてブログを書きます。

 

 

まずは食事編から。

 

 

1日目

持病の食事療法をゆるーくやっているので、

Special food(病理食)を用意してもらいました。

 f:id:realmind-h:20170310120141j:image

これはLFML(低脂肪・低コルステロール食)

・パン(いちごジャム)

・サラダ(ノンオイルドレッシング)

・タイ風サラダ

サフランライス

・鶏むね肉と豆のトマト煮

・フルーツ

 

ダブルサラダ(笑)で、優しい味付けだったけど、

今回の旅行の最重要懸念事項が「食事」だったので、

旅の始まりの食事が、優しさが詰まった食事で安心感を得られました。

 

 

  • 夜ご飯

永康街という最近できた観光スポットにて

刀削麺(小)360円くらい

f:id:realmind-h:20170310120215j:image

牛だしのスープに不揃いな麺、トマト丸ごとともやしとレタス。

調理方法が特別で、説明しづらいのでお借りした画像で。

f:id:realmind-h:20170310122758j:image

 こんな感じ。

小麦粉の塊を沸騰した鍋の中に削り投げて(?)茹でる。

 

美味しそうという理由で

台湾一食目からなかなかディープな食堂に入り、

勝手がわからず、店員さんが怪訝な顔をしていたような…笑

(箸は、別テーブルから自分で取ってくる決まりを知らなかったw)

 

 

  • 食後のデザート

同じく永康街にて、料理名忘れたけど

台湾ではメジャーなスイーツ(らしい)280円くらい。

f:id:realmind-h:20170310120708j:image

お汁粉に小さい白玉とタロ芋が入っていて、温かい。

 

私の口には合わなかったんですがw

もうちょっと白玉とタロ芋がゴロゴロ入っていてほしかった。

 

 

2日目

「なんかの」魚のつみれ入りスープにビーフンを入れたもの。160円くらい。

f:id:realmind-h:20170310120743j:image

魚のつみれスープは3種類くらいあったんですが、

メニューに英語表記もなく、

中国語でなんの魚かわからず、テキトーに頼みましたw

 

あとで調べたら、「クエ」のつみれでした。

人生初クエ。 

味が薄くて、これも私の口に合わなかったです。

 

話はちょっとそれますが、

この九份のお店では、フツーに当たり前のように

チワワとトイプードルが店内で放し飼いされていましたw

 

食べてる時に、足元をうろうろされるので気が散るw

 

台湾では、家族経営っぽい店だと

店内で犬が放し飼いされている店がありました。

 

吠えたりしないように、躾はされているみたいだったけど、

衛生面とか気になる人は避けた方がいいかもしれません。

 

これは日本ではあまり見ない光景だったので、びっくりした点その1.

 

 

  • 西門街にて

超豪華版いちご飴。

 f:id:realmind-h:20170310120814j:image

路地で上に鉄板が乗ったリヤカーで、

おじいさんから買いました。(怪しい)160円くらい。

 

プチトマトverもあったけど、勇気がなくて無難な方に。

 

案の定、この後おなかが痛くなりましたw

 

 

  • 飲み歩き

台北市内には至るところに、飲み歩き用の路面ドリンク店がありました。

 

日本でも人気のタピオカミルクティーや

抹茶ラテ、フルーツ牛乳など。

 

コンビニ寄った時も思いましたが、

台湾人は多分飲み物を牛乳で割るのが好きです。

 f:id:realmind-h:20170310120834j:image

私は東方美人茶という美肌烏龍茶を買いました。

写真

(飲みかけで失礼)

こんなに大きくて、200円くらいでした。

 

 

  • テイクアウト

2日目の夕飯は、歩き疲れたし、

怪しいいちご飴でおなかのが怪しくなったので、

ホテル近くのお粥屋さんでテイクアウトして

ホテルの部屋で食べました。

 f:id:realmind-h:20170310120849j:image

白身魚とレタスのお粥

・鶏の蒸し物

二つで450円くらい。

これが台湾で食べた料理の中で、一番のヒットでした。

 

お粥は器になみなみと入っていて、

食べきれるのか?っていう量だったんですけど、

永遠に食べていたいくらいおいしかったので、

あっという間にペロリと食べてしまいました。

 

 

最終日 

  • お粥横丁へ

前日食べ過ぎて胃の調子がよくなかったので、

自然とお腹が空くまで水だけで過ごしました。

 

お腹が空いてきた頃、

前日のお粥に感動したので、大安のお粥横丁へ。

 

お粥横丁と言っても、今では周りがオフィス街になっていて、

3件ほどしかない。

 

しかも、大人数で大鍋からよそって食べるスタイルしかなかったので、

お粥は諦めて、これまたディープな食堂に入りました。

f:id:realmind-h:20170310120915j:image

・鶏飯(食べるラー油のせ)

・台湾風冷ややっこ

・大根スープ

全部で560円くらい。

 

この大根スープも美味しかったな~

よく煮込まれた大きめの大根がゴロゴロ入ってるの。

 

あと、私はやっぱりこういう質素な食事が好きなんだな~と感じました。

(日本でいう白米に漬物に焼き魚、味噌汁、みたいな。)

 

 

f:id:realmind-h:20170310120933j:image

・パスタ焼き野菜付

・鶏むね肉にスパイス焼き

・マンゴースライス

・フルーツ

・メロンゼリー

 

帰りはフルーツ三昧(笑)

 

低脂質だと食材も調理法も限定されるので、難しいです。

だからこそ、こうやって選べることがありがたいな~と思いました。

 

 

ご覧の通り、二泊三日のトータルの食事代は3,000円くらい。

台湾グルメは、安くておいしかったです。

 

もちろん高級飲茶とか高級中華なども食べられる店もあったけど、

そういうのは都内でも食べられるので

現地人に混じって、現地民しか食べないものに挑戦してみました。

その分失敗もあったけど、それもまたいい思い出。

 

 

観光地編へ続く。